エストロゲンと似た働きを持っているが、摂りすぎると逆に悪影響になることもある

生理不順に役立つ食材、成分の代表格としてすっかりおなじみになった大豆イソフラボン。生理不順はもちろん、月経前症候群(PMS)や更年期障害、若年性更年期障害など広くホルモンバランスの乱れがもたらすトラブルに活用されています。

エストロゲンとプロゲステロンが交互に有利になることでバランスを保っている

生理不順サプリ大豆イソフラボン

この大豆イソフラボンの最大のポイントは女性ホルモンのひとつエストロゲンと似た働きを持つこと。月経周期はこのエストロゲンとプロゲステロンが交互に有利になりながらバランスを保つ形で維持されています。排卵の後にはプロゲステロンが優位になる黄体期が訪れ、その後生理が来るとともに少しずつエストロゲンが優位になって卵胞期へと移り変わっていくのです。

 

ですから月経周期はこの2つのホルモンが正常に分泌されていることが大前提となります。ところが日常生活を送っているとさまざまな要因でホルモンバランスが乱れやすくなっていきます。無理なダイエットをはじめとした偏った食生活、ストレスや疲労の蓄積など。そうした状況でエストロゲンの分泌が低下すると生理不順を起こすことが多いのです。

 

なお、更年期障害も閉経が近づくにつれてエストロゲンを分泌する卵巣機能が低下するのが原因です。

 

こうした理由からエストロゲンの分泌不足を補う働きを持つ大豆イソフラボンが生理不順の改善に役立つわけです。

大豆イソフラボンは過剰摂取すると副作用が出る可能性がある

生理不順サプリ大豆イソフラボン

ただ、あまりにも広く知られている一方、安易に対策に活用することでかえって逆効果でトラブルを抱えてしまうケースも見られます

 

とくに多いのが過剰摂取。生理不順や更年期障害向けに大豆イソフラボンを配合したサプリメントも多く売られるようになっていますが、手軽に摂取できる分過剰摂取に陥りやすい状況になっています。

 

大豆イソフラボンは過剰摂取による副作用の報告もあり、かえって月経不順の原因になったり、卵巣に悪影響を及ぼすといったリスクもあります

 

じつは大豆イソフラボンの一日の摂取量の目安はそれほど多くなく、豆腐なら一丁、納豆、豆乳なら1パック程度で十分です。

 

そのためサプリメントに加えてこうした大豆製品を食べてしまうと過剰摂取に陥る恐れが出てきます。この点に注意しつつ、この成分を生理不順の対策に賢く活用していきましょう。

タイプ別生理不順で使ってみたいサプリ口コミ人気ランキング

生理不順に使ってみたい漢方薬

私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
女性の不調に効く6つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に血行を促し、余分な水分を取り除く効果があると言われているので、貧血ぎみでお悩みの方や、生理周期が一定しない・遅れ気味などの月経トラブルや、手足が冷たいなどの冷え性、むくみやすいといった女性特有の症状に効果的です。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
女性の不調に効く10の有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特にホルモンバランスを整える効果や、血液のめぐりを良くする効果があると言われているので「ストレスを感じやすくイライラする」「ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)」をよく感じるという方のお悩みに適しています。また、「不眠症」の改善に効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれる効果があると言われているので、「上半身ののぼせ」「足の冷え」などにお悩みの方に適しています。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや、しみ・にきびにも効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!