ピルを飲めば生理不順は改善する?

生理不順の解決法のひとつにピルがあります。効果的な解決法と言われる一方、副作用の問題など安全性に疑問符がつけられている面もあります。ではピルにはどのような効果と副作用があるのでしょうか。

ピルは生理不順対策の他に不正出血の治療にも役立つ

生理不順とピル

もともとピルとはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンによって成り立っている薬です。これを摂取することで体内の女性ホルモンのバランスをコントロールし、擬似的に妊娠している時と同じ状態を作り出すことができます

 

そのため避妊薬として役立つのです。

 

女性ホルモンを意図的に摂取できるピルは避妊のほか、生理不順対策としても役立てることができます。その効果も幅広く、生理が遅れているので起こす場合、ホルモンバランスを整える場合、あるいは生理痛の症状を和らげる場合など活用することができます。

 

さらに子宮内膜の修復を促すことによって不正出血の治療にも役立てることができます

副作用もあるのでしっかり把握して使用することが大切

生理不順のサプリ

一方副作用は肝機能障害や心臓や血管への悪影響が挙げられます。ホルモンの代謝を行う肝臓に負担をかけてしまうこと、血液の凝固が促されるために血栓症を起こしやすいといった問題が出てきます。

 

また、喫煙者がピルを服用すると血栓症のリスクがさらに高まると言われています。他にはむくみや乳腺の肥大化、子宮筋腫の増大、カンジダ膣炎のリスクの増加なども挙げられます。

 

つまり、ピルによる生理不順の改善は容量と用法を踏まえたうえで正しく行うことが大前提となってきます。個人で入手して行うのではなく、医師の処方と指示のもとで安全に行うようにしましょう

タイプ別生理不順で使ってみたいサプリ口コミ人気ランキング

生理不順に使ってみたい漢方薬

私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
女性の不調に効く6つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に血行を促し、余分な水分を取り除く効果があると言われているので、貧血ぎみでお悩みの方や、生理周期が一定しない・遅れ気味などの月経トラブルや、手足が冷たいなどの冷え性、むくみやすいといった女性特有の症状に効果的です。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
女性の不調に効く10の有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特にホルモンバランスを整える効果や、血液のめぐりを良くする効果があると言われているので「ストレスを感じやすくイライラする」「ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)」をよく感じるという方のお悩みに適しています。また、「不眠症」の改善に効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれる効果があると言われているので、「上半身ののぼせ」「足の冷え」などにお悩みの方に適しています。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや、しみ・にきびにも効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!