生理不順ではどのような検査や治療をするの?

生理不順になってもなかなか医療機関で検査を受ける気になれない方も多いはずです。検査に対する恐怖心や抵抗から足が遠のいてしまうのは仕方がないのですが、そういったマイナスイメージをできるだけ軽減するためにも実際にどのような検査や治療が行われるのかを知っておきましょう。

「問診→触診→内診→具体的な検査」へと4段階に分けて検査する

生理不順の治療

検査は大きく4つの段階に分けられます。まず問診。実際にどの程度生理周期の乱れが見られるのかを確認します。普段の生理周期や生理の日数、最後に生理が来たのがいつかといった基本的な質問から性体験の有無、初潮の年齢などちょっと答えづらい内容もありますが、検査のために必要な情報なのだと割り切ってしっかりと答えるようにしましょう。

 

次が触診。手で下腹部に触れてしこりなどがないかどうかを確認します。生理不順といえばストレスや無理なダイエットなどによるホルモンバランスの乱れがおもな原因と言われていますが、そのほかにも卵巣や甲状腺、子宮などに病気が発生することで生じることもあるため、こうした触診での検査も行われるのです。

生理不順では薬物療法が選択されることが一般的

生理不順のサプリ

その次が内診。ほとんどの女性はこれに抵抗を感じているようです。医師が膣内に指を入れて子宮や卵巣の状態や痛みなどをチェックすることになります。この内容を聞いただけでも抵抗を感じる方がほとんどだと思いますが、医療機関でもその点は考慮しており、できるだけ抵抗や緊張を軽減してリラックスできる環境を心がけています。

 

その後症状や状態に合わせて尿検査、血液検査、超音波検査といった具体的な検査が行われます。どのような検査が行われるのかはそれまでの診察の内容によって判断されます。ホルモンの分泌状況を確認する内分泌検査やホルモンを投与して出血の有無を確認するホルモン負荷テストなども状況に応じて行われています。

 

治療に関してはホルモンバランスの乱れによる生理不順には薬物療法が選択されるのが一般的です。排卵誘発剤やホルモン剤が広く用いられていますが場合によってはピルが使用されることもあります。なお、先述のように病気が関わっている場合にはその治療が優先して行われることになります

タイプ別生理不順で使ってみたいサプリ口コミ人気ランキング

生理不順に使ってみたい漢方薬

私の漢方薬 当帰芍薬散エキス錠(第2類医薬品)

当帰芍薬散

足腰の冷え・むくみ・めまい・月経トラブルに効果的な医薬品
女性の不調に効く6つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に血行を促し、余分な水分を取り除く効果があると言われているので、貧血ぎみでお悩みの方や、生理周期が一定しない・遅れ気味などの月経トラブルや、手足が冷たいなどの冷え性、むくみやすいといった女性特有の症状に効果的です。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 加味逍遙散エキス錠(第2類医薬品

加味逍遙散

イライラ・のぼせやほてりにお悩みの方や、不眠症に効果的な医薬品
女性の不調に効く10の有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特にホルモンバランスを整える効果や、血液のめぐりを良くする効果があると言われているので「ストレスを感じやすくイライラする」「ホットフラッシュ(ほてりやのぼせ)」をよく感じるという方のお悩みに適しています。また、「不眠症」の改善に効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)

桂枝茯苓丸

のぼせ・足冷えにお悩みの方や、肩こりに効果的な医薬品
女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれる効果があると言われているので、「上半身ののぼせ」「足の冷え」などにお悩みの方に適しています。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや、しみ・にきびにも効果があります。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
>>公式HPで詳しく見てみる!